HTML
FC2ブログ
さまざまな宇宙、空中現象の最新自動観測撮影装置ロボットSID-1(シドワン=Space Intrusion Detection systems-1)が捕らえた謎の現象や物体とUFO *撮影画像は、左下部のカテゴリーからSID-1~を選択(随時更新) *メディア、報道関係者の方へ:不思議な動画、静止画、解析画像多数有ります。情報、著作権等の権利は当観測所です。連絡先はプロフィール参照。

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

Pentagon UFO Program 米国防総省の極秘調査は続いている UFO映像がリーク

2017-12-19 Tue 11:27

Newsweek
2017年12月18日(月)15時00分


<UFOやエイリアンの脅威を信じた米上院議員らの提案で発足したプロジェクト>

米国防総省に、未確認飛行物体(UFO)と地球外生命を調査する極秘のプログラムが存在したことがわかった。米軍兵士の目撃情報も明らかになった。

国防総省によれば、この「先端航空宇宙脅威特定計画」は発足から5年後の2012年に終了したという。

ニューヨーク・タイムズ紙が12月16日に明らかにしたこの計画は予算の打ち切りと共に終了したと国防総省は主張するが、支持者たちはまだプログラムは存在すると言う。以下は、今回明らかになった資料に含まれていた奇怪な目撃情報の一部だ。

UFOの目撃情報を調べるため、ラスベガスのビルを改築し、UFO由来とみられるあらゆる物質を保管できるようにした。報道によれば、合金やプラスチックが含まれているという。

またこのビルの一画には、これらの物質に接触することで肉体的精神的な変化を体験したという人々を調べる場所もあった。

この施設では、見たところ推進装置も揚力もないのに空中に浮いている飛行物体も目撃されている。


米軍機が見たもの

国防総省が調査したUFOの一つは、オーラを放ちながら回転し、高速で飛んでいた。海軍機F/A-18スーパーホーネットが捉えた映像があるが、国防当局は目撃された日時や場所などの情報を一切渡そうとしない。

米軍機が撮影したUFO。国防総省はその場所も日時も明らかにしていない YouTube



画像はこちらから。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/12/ufo.php


この飛行物体を目撃した海軍のパイロットらの音声記録によれば、UFOは一機だけでなかったらしい。「奴らの一群がいるぞ」と、一人のパイロットは言い、他のパイロットはこう答えた。「ウソだろう。奴らはみな風に逆らって飛んでいる。200キロ近い風速なのに。あれを見ろ」

国防総省は、プログラムが立ち上がる前に米軍機のカメラが捉えたビデオも調べている。

2004年のビデオには、カリフォルニア州サンディエゴ沖を飛ぶ明るい卵型の物体が映っている。物体を追跡した戦闘機のパイロットによれば、旅客機ほどの大きさだったという。

先端航空宇宙脅威特定計画の予算は、国防総省の年間予算の0.004%と小さかった。10年以上も存在が知られなかったのは、一つにはそのためだ。それでも予算がついたのは、ネバダ州のハリー・リード上院議員(民主党)らUFOを信じる一部議員のおかげだ。



Glowing Auras and ‘Black Money’: The Pentagon’s Mysterious U.F.O. Program

DEC. 16, 2017

https://www.nytimes.com/2017/12/16/us/politics/pentagon-program-ufo-harry-reid.html

WASHINGTON — In the $600 billion annual Defense Department budgets, the $22 million spent on the Advanced Aerospace Threat Identification Program was almost impossible to find.

Which was how the Pentagon wanted it.

For years, the program investigated reports of unidentified flying objects, according to Defense Department officials, interviews with program participants and records obtained by The New York Times. It was run by a military intelligence official, Luis Elizondo, on the fifth floor of the Pentagon’s C Ring, deep within the building’s maze.

The Defense Department has never before acknowledged the existence of the program, which it says it shut down in 2012. But its backers say that, while the Pentagon ended funding for the effort at that time, the program remains in existence. For the past five years, they say, officials with the program have continued to investigate episodes brought to them by service members, while also carrying out their other Defense Department duties.

The shadowy program — parts of it remain classified — began in 2007, and initially it was largely funded at the request of Harry Reid, the Nevada Democrat who was the Senate majority leader at the time and who has long had an interest in space phenomena. Most of the money went to an aerospace research company run by a billionaire entrepreneur and longtime friend of Mr. Reid’s, Robert Bigelow, who is currently working with NASA to produce expandable craft for humans to use in space.

On CBS’s “60 Minutes” in May, Mr. Bigelow said he was “absolutely convinced” that aliens exist and that U.F.O.s have visited Earth.


Original Video at,

https://www.nytimes.com/2017/12/16/us/politics/pentagon-program-ufo-harry-reid.html


A video shows a 2004 encounter near San Diego between two Navy F/A-18F fighter jets and an unknown object. It was released by the Defense Department's Advanced Aerospace Threat Identification Program.

By Courtesy of U.S. DEPARTMENT OF DEFENSE on Publish Date December 16, 2017. Photo by U.S Department of Defense.


「F/A-18E/F スーパーホーネット」の画像検索結果
F/A-18F スーパーホーネット


Navy F/A-18 Super Hornet Cockpit HUD



関連記事
スポンサーサイト

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨
| Space Phenomena Observatory Center(SPOC) 宇宙現象観測所センター |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。