HTML
さまざまな宇宙、空中現象の最新自動観測撮影装置ロボットSID-1(シドワン=Space Intrusion Detection systems-1)が捕らえた謎の現象や物体とUFO *撮影画像は、左下部のカテゴリーからSID-1~を選択(随時更新) *メディア、報道関係者の方へ:不思議な動画、静止画、解析画像多数有ります。情報、著作権等の権利は当観測所です。連絡先はプロフィール参照。

「火星に水が流れている」NASA発表から考える、地球外生命体の可能性を研究者に聞いた!

2015-10-01 Thu 08:00

「火星に水が流れている」NASA発表から考える、地球外生命体の可能性を研究者に聞いた!
tocana10月1日(木)8時0分

9月28日(米国時間)、NASAは火星の地表に「塩を含む水」が現在進行形で流れている可能性がある証拠を発表した。過去、火星に水が流れていた痕跡は指摘されてきたが、現在も水が流れていることが示されたのは初めてである。ちなみに、火星の気温は平均マイナス50度で、夏でもマイナス20度らしいが、液体の水が発見された理由は、高濃度の塩分のおかげで液体が凍る温度が下がったからだという。

 現在も水が流れていることが発表されたことで「地球外生命体が存在する可能性が高まった」とする見方が多いようだが、宇宙を研究している人物X氏はこう語る。

「火星に水がある可能性は以前から指摘されていましたので、この発表に驚かなかった研究者は正直多いはずです」

「水が存在したことで、地球外生命体がいる可能性が高まったのは言うまでもありませんが、そもそも地球外生命体がいない方がおかしいと思っている研究者の方が多い。

http://news.biglobe.ne.jp/trend/1001/toc_151001_1244527674.html

関連記事
スポンサーサイト

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨
| Space Phenomena Observatory Center(SPOC) 宇宙現象観測所センター |