HTML
さまざまな宇宙、空中現象の最新自動観測撮影装置ロボットSID-1(シドワン=Space Intrusion Detection systems-1)が捕らえた謎の現象や物体とUFO *撮影画像は、左下部のカテゴリーからSID-1~を選択(随時更新) *メディア、報道関係者の方へ:不思議な動画、静止画、解析画像多数有ります。情報、著作権等の権利は当観測所です。連絡先はプロフィール参照。

ワシントンUFO乱舞事件 アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.及びその他の地域で起きたUFOの大量目撃現象である。

1952-07-19 Sat 00:00

ワシントンUFO乱舞事件

ワシントンUFO乱舞事件とは、1952年7月19日から7月27日にわたってアメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.及びその他の地域で起きたUFOの大量目撃現象である。

事件の概要編集

1952年7月19日から27日にわたって首都ワシントンD.C.上空に68機ものUFOが現れ大勢の市民の目の前で飛び回るという事件が起きた。UFOがナショナル空港に着陸する旅客機を追跡したり、迎撃に上がったアメリカ空軍のロッキードF-94B戦闘機を取り囲んでいるという報告がなされ、レーダーにもそれらしき反応があった。民間航空機の複数の乗員は、上下左右に不規則に動き、速度を変化させたり静止したりする「異様な光体」を目撃した。

空軍が調査のために戦闘機を発進させ、光体に接近すると光体は消滅した。その後、光体は様々な場所に現れ、いずれも戦闘機が到着するとすぐに消滅し、空軍と光体のイタチごっこが続くこととなった。深夜になると、光体はアンドリュース無線塔の上空に出現し、「オレンジ色に輝く巨大な球体」を通信員たちが目撃した。またバージニア州ニューポートニュースの人々は「互い違いに色を発して回転し、まぶしく光る物体」の目撃を報告した。

記者会見と公式見解編集

ペンタゴンにはこの件で問い合わせが殺到し回線はパンク状態になった。空軍は「市民を落ち着かせるために何らかの方策をとる必要があった」。空軍は記者会見を行い、UFOは「逆転層による気象現象」(気温逆転説)であったと説明した。

実際、「UFO」はハイウェイの上空にあらわれており、風向きに沿って移動していることがわかっている。上位(浮上)蜃気楼と呼ばれる現象で、逆転層が地面の光を反射しながら風に乗って移動していたという説が考えられる。また、こうした逆転層はレーダーにも影響し、気象データも逆転層が発生する条件がそろっていることを示していた。[要出典]グラウンド・クラッターを誤認したという説も出ている。

公式見解への批判編集

この気温逆転説を用いた公式見解には批判もある。

まず、レーダーに影響するほどの逆転層が発生したかどうかについては疑問視する向きがある。レーダーを注視していた調査員は「実体のある目標と、気温逆転によるレーダー反射は簡単に区別できる」と述べている。UFO目撃の際にレーダー管制室にいたデューイ・フォーネット少佐と海軍のレーダー専門家は、気温逆転説に賛成しなかったため、関係者ではあったが記者会見には招かれなかった。また事件の最中に民間航空機のパイロットが「物体」を目撃したことを空軍は認めたが、その事実についての説明はなかった。民間研究者であるジェームズ・マクドナルドは、調査結果により気温逆転説は支持できないと述べた。

また、1952年の夏には逆転層は毎日発生しており、ワシントン事件当日の逆転は、他の日と比較しても大きいものではなかったというデータがある。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3UFO%E4%B9%B1%E8%88%9E%E4%BA%8B%E4%BB%B6

関連記事
スポンサーサイト

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨
| Space Phenomena Observatory Center(SPOC) 宇宙現象観測所センター |