HTML
さまざまな宇宙、空中現象の最新自動観測撮影装置ロボットSID-1(シドワン=Space Intrusion Detection systems-1)が捕らえた謎の現象や物体とUFO *撮影画像は、左下部のカテゴリーからSID-1~を選択(随時更新) *メディア、報道関係者の方へ:不思議な動画、静止画、解析画像多数有ります。情報、著作権等の権利は当観測所です。連絡先はプロフィール参照。

パンアメリカン航空事件編集

1952-07-01 Tue 00:00

パンアメリカン航空事件

1952年7月、パンアメリカン航空の大型旅客機DC-4が航空中にUFOを目撃した。主な目撃者は同機を操縦中のナッシュ副操縦士とフォーデンベリー航空機関士、その他複数の乗務員たちであった。バージニア州上空近くのハンプトン水道上空を航空中であったDC-4は、突然現れた6つの円盤型の発光物体を目にした。円盤は次々に旅客機に接近してきたが、突然に「ピストルの弾丸が石の壁に当たって跳ね返ったように急激」に方向転換し、編隊を組んで西へ遠ざかっていった。その直後にさらに2つの発光体が出現し編隊に加わった。乗務員たちの証言によると、円盤の光は動力源と何か関係があるようで、減速すると光が暗くなり、加速すると輝きが増した。円盤は150度の急激な方向転換をしたにも関わらず、重力や慣性の影響を受けている様子はなかった。またナッシュとフォーデンベリーが円盤の速度を推定した結果、控えめに見積もって時速19200キロメートル、音速の16倍であるという数値が出された。円盤が出現した時間には気温逆転現象はなかった。また近くを空軍のジェット戦闘機が5機飛行していたが、調査の結果、目撃事件とは無関係の機体であったことが判明した[7]。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AA%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E7%89%A9%E4%BD%93

関連記事
スポンサーサイト

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨
| Space Phenomena Observatory Center(SPOC) 宇宙現象観測所センター |