HTML
さまざまな宇宙、空中現象の最新自動観測撮影装置ロボットSID-1(シドワン=Space Intrusion Detection systems-1)が捕らえた謎の現象や物体とUFO *撮影画像は、左下部のカテゴリーからSID-1~を選択(随時更新) *メディア、報道関係者の方へ:不思議な動画、静止画、解析画像多数有ります。情報、著作権等の権利は当観測所です。連絡先はプロフィール参照。

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

【衝撃】バチカンの天文学者が宇宙人の存在を公言!! 「信仰となんら矛盾していない」

2015-08-27 Thu 00:00

【衝撃】バチカンの天文学者が宇宙人の存在を公言!! 「信仰となんら矛盾していない」
2015.08.27
NASA(米国航空宇宙局)が新たに発見した惑星「ケプラー452b」。驚くほど地球に似た惑星であるとの発表に「ついに宇宙人が存在する惑星を発見したかもしれない!」と世界中から強い関心が集まっている――。

 英「Daily Mail」紙によると、この惑星の発見にカトリック教会の総本山でもあるローマ・バチカンの天文学者までもが「ケプラー452bの発見は、地球外生命体が存在するという信念を強める発見であった」と興奮気味に発言、大いに話題となっているようだ。
「ケプラー452b」について、1582年に設立されたバチカン天文台の所長フネス神父は、「近い将来に起こることはない」と前置きした上で「いつかそこで暮らす地球外生命体と接触するかもしれない」と語っている。

 コルドバ国立大学で天文学を学んだフネス神父は、“宇宙はすべて神が創造したものであり、地球外生命体への探求は信仰となんら矛盾はない”という信念のもと、積極的に地球外生命体の存在を公言している人物の1人である。バチカンの日刊紙「オッセルファトーレ・ロマーノ」でも「圧倒的なほど未知の惑星が存在する中で、生命体が我々だけということはない」と地球外生命体の存在を主張し、「ケプラー452bの発見は、そこで暮らす生命体や文明の発見にもつながるかもしれない」と述べているのだ。


 もっとも現在の技術では、1400光年も離れた惑星に探査機を送れるはずもなく、「ケプラー452b」の全貌が明らかになるにはまだまだ時間が必要になるだろう。しかし380年前のカトリック教会がそうであったように、数百年後は現在の私たちが想像もできない未来が待っているのかもしれない。実に夢とロマンに満ちた話ではないか。

http://tocana.jp/i/2015/08/post_7160_entry.html

関連記事
スポンサーサイト

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨
| Space Phenomena Observatory Center(SPOC) 宇宙現象観測所センター |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。