HTML
さまざまな宇宙、空中現象の最新自動観測撮影装置ロボットSID-1(シドワン=Space Intrusion Detection systems-1)が捕らえた謎の現象や物体とUFO *撮影画像は、左下部のカテゴリーからSID-1~を選択(随時更新) *メディア、報道関係者の方へ:不思議な動画、静止画、解析画像多数有ります。情報、著作権等の権利は当観測所です。連絡先はプロフィール参照。

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

開洋丸事件 他のUFO事件とは比べものにならないほど、事件の信憑性を高めている

1984-12-18 Tue 00:00

「開洋丸事件」
2014年06月27日
JSPS本部研究局 雲英恒夫
“一度目”の開洋丸事件

 われわれ人類にとって最大の謎の一つであり、地球人類以外の知性文明体を示唆する究極のミステリー――それがUFOだ。
 しかし……報告されるUFO事件は見間違い、虚偽が多すぎる。そのため、悲しいことに全てのUFO事件が否定されているといっても過言ではない。
 しかし、常識で説明できないUFO事件も、確かに存在している。

 ここに、その一つである「開洋丸事件」を紹介する。この事件は、普通のUFO目撃報告とレベルが異なる事例として知られている。一体そのようにレベルが異なるのか、そこからお話しよう。
 まず、「開洋丸事件」とは、一つの事件を指すものでは無い。そう、開洋丸は都合二度、UFOと遭遇しているのだ。一度目は不可解な光体として、二度目は世界でも例の少ないレーダー映像としてだ。さらに、舞台となった開洋丸は、日本政府所属であり、目撃者は複数のベテラン船員である。
 これらの事実は、他のUFO事件とは比べものにならないほど、事件の信憑性を高めている。

 しかし、開洋丸事件には、もっと重要な事象がある。それは、一隻の船が短い期間内に二度もUFOと遭遇したという事実だ。このことは、世界中を航行する船が無数にあることを考えると、膨大な数のUFO目撃が報告されずに埋もれていることも意味する!

http://www.nmr.jp.net/article/399838709.html

「開洋丸事件」 Vol.2
http://www.nmr.jp.net/article/402331746.html

「開洋丸事件」 Vol.3
http://www.nmr.jp.net/article/404641020.html

「開洋丸事件」 Vol.4
http://www.nmr.jp.net/article/405042757.html

関連記事
スポンサーサイト

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨
| Space Phenomena Observatory Center(SPOC) 宇宙現象観測所センター |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。