HTML
さまざまな宇宙、空中現象の最新自動観測撮影装置ロボットSID-1(シドワン=Space Intrusion Detection systems-1)が捕らえた謎の現象や物体とUFO *撮影画像は、左下部のカテゴリーからSID-1~を選択(随時更新) *メディア、報道関係者の方へ:不思議な動画、静止画、解析画像多数有ります。情報、著作権等の権利は当観測所です。連絡先はプロフィール参照。

最新「自動観測撮影装置ロボット」がとらえたUFO

2015-06-30 Tue 00:00

最新「自動観測撮影装置ロボット」がとらえたUFO
2015年06月30日

SID-1がキャッチしたふたつの実例

「宇宙現象観測所-Space Phenomena Observatory Center(=SPOC)-」(代表:北島弘、顧問:並木伸一郎)が開発した「自動観測撮影装置ロボットSID-1(シド1=Space Intrusion Detection systems-1= 宇宙侵入検知システム-1)」が、UFOをキャッチ! ここに、驚愕すべきふたつの実例を報告しておこう。
 ちなみに、このSID-1の主要構成要素は「高感度高解像度カラーカメラ」「高感度自動動体検知システム」「動体検知連動自動録画システム」で、24時間365日観測可能な装置である。

ケース1
「東京上空を高速で移動する2機のUFO」

 秋晴れの2014年9月16日16時46分、SID-1が2機のUFOをキャッチ。不思議な白い卵形の物体がふたつ録画された。
 これらふたつの物体は、撮影された動画に画像処理を施すことで、その存在が明らかになる。物体が円錐形の鋭いピークをもつことから、それが雲ではなくて、物理的にそこに存在している物体であることがわかるだろう。これは鳥でも自然現象でもない、まさしくUFOである。なお、これら2機のUFOは江戸川区方向へと移動して消えた。

http://www.nmr.jp.net/article/421550749.html#more

関連記事
スポンサーサイト

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨
| Space Phenomena Observatory Center(SPOC) 宇宙現象観測所センター |