HTML
さまざまな宇宙、空中現象の最新自動観測撮影装置ロボットSID-1(シドワン=Space Intrusion Detection systems-1)が捕らえた謎の現象や物体とUFO *撮影画像は、左下部のカテゴリーからSID-1~を選択(随時更新) *メディア、報道関係者の方へ:不思議な動画、静止画、解析画像多数有ります。情報、著作権等の権利は当観測所です。連絡先はプロフィール参照。

究極のナチュラルリゾートでUFO撮影に成功!  最新の可搬型自動観測撮影装置ロボットSID-1miniが捉えた謎の物体  UFO shooting successfully at the ultimate natural resort! In the case of The latest portable and automatic observation video device robot SID-1 mini captured some strange mysterious object

2017-06-24 Sat 18:37

究極のナチュラルリゾートでUFO撮影に成功! 

最新の可搬型自動観測撮影装置ロボットSID-1miniが捉えた謎の物体 

UFO shooting successfully at the ultimate natural resort! In the case of The latest portable and automatic observation video device robot SID-1 mini captured some strange mysterious object

 

Space Phenomena Observatory Center(SPOC)

 

 

 

SID-1mini

 

たまたま、モルディブに行く機会が得られたので、旅行記とあわせてUFO観測の結果を報告したい。

 

SID-1は大気圏内の宇宙や空中で何かの動きがあるとそれを検知し、連続記録することができる、自動観測撮影装置ロボットだ。

 

今回は持ち運びが可能な可搬型というべきSID-1miniを作成し、簡単に国内や海外にも持ち運べるようにし、それを携帯してモルディブでUFO撮影を試みることにした。

 

 

Abstract:

SID - 1 mini
I happened to have the opportunity to go to the Maldives, so I would like to report the results of the UFO observations along with the travel notes.
SID - 1 is an automatic observation and photographing device robot which can detect continuous movement when there is something movement in space or in the air in the atmosphere.

In this time, I decided to create a portable SID-1 mini that I can carry and make it easy to carry it to domestic and overseas, carry it and try UFO shooting in the Maldives.
UFO shooting successfully at the ultimate natural resort!  “ Maldives”

In the case of The latest portable and automatic observation video device robot SID-1 mini captured some strange mysterious object but these must be UFO.

 

 

モルディブ共和国

インドの遥か南西のインド洋に浮かぶ約1,200の島々から成り、約200の島に人が住む高温多湿の熱帯気候のナチュナルリゾート地である。

基本的に1つの島に1つのホテルが存在する11リゾート計画に基づき,全国約1,200の島のうち現在およそ110島が専用のリゾート島となっている。 主にヨーロッパ方面からの客が多いようだ。


S1998117073142.jpg 



そのモルディブ共和国は海抜の最高が2.4mという平坦な地形であるため、近年の地球規模の海面上昇と海水温の上昇による珊瑚礁の死滅により、国土が消滅する危険にさらされている。

1m海面が上昇すると国土の80%が失われると言われている。 何年か後には国土が消えてなくなるかもしれないというリスクを持っている。

このため基幹産業である観光収入の一部を使って海外の土地(インドやスリランカ、オーストラリアなどが想定されている)を購入し、国民が移住できる土地を確保する意向を表明している。 また、国土を盛り土することで水没を防ぐ方策も検討されている。

 またフルレ島(イブラヒム・ナシル国際空港がある)の北北東に人工島「フルマーレ」を造成している。

 

 

 

日本との強い絆

日本とも深い関係があり、2004 1226日、スマトラ島沖地震による大津波からモルディブの首都住民を守った日本の防波堤がある。

日本政府の支援で建設された護岸が、大津波からマーレ島を守り、同島における被害を最低限に食い止めたことについては、国内各メディアもとりあげており、「日本のおかげで助かった」、「日本が作ってくれたあの壁がなかったら今頃マーレはもうない」等地元住民の感謝の声を伝えている。

モルディブの首都であり同国最大の島であるマーレ島は、今回の大津波により島の3分の2が水につかりながらも、他の被災国のような深刻な被害は伝えられていない。

マーレ島は、海抜が1.5m程度で平坦な地形のため高潮の被害を受けやすく、過去において浸水の被害を繰り返し受けていた。

それにもかかわらず、今回の大津波で深刻なダメージを被らなかった背景には、日本政府の協力により、同島の周囲に建設してきた護岸(防波堤)が、押し寄せる津波の「壁」として島を守ったことにあった。

サマーアイランドMAP4 

日本とドバイとモルディブの位置関係


日本より4時間遅れ。日本の正午はモルディブの午前8時。電圧は220-240ボルト。

リゾートホテルでは、様々な各国の電源プラグの形状に対応されたマルチコンセントなのでSID-1の電源プラグもそのまま使用できた。

11月から4月は乾季、 5月から10月は雨季となっている。

熱帯性気候。年間平均最高気温は約30度。年間平均最低気温は約25度。大変すごしやすい。水温は年間を通して24度から28度に保たれているのでスノーケリングやスキューバ・ダイビングにも最適である。年間を通して多くのツアーが組まれている。

 

 

 

 

羽田からドバイ経由

 

2017331日東京 羽田を深夜0030発。 機内の天井が満点の星空のようだと評判のエミレーツ航空を利用 たしかにそれはキレイだった。 

 

310645ドバイ着。ここからはドバイ時間。 アラブ首長国連邦第2の中心都市。

中東屈指の世界都市並びに金融センターであり、多くの超高層ビルや巨大モール、ビッグプロジェクトが建設されるなど、世界的な観光都市となっている。

WiFiも完備されているが、無料のWiFiサービスには時間制限がある。 

 ドバイ空港1



ドバイ空港

ドバイ空港の乗り換えロビー ひろい!


31日ドバイ0950発エミレーツ航空でいよいよモルディブの首都であるマーレへ。 

 

311505マーレ着。(ここからはモルディブ時間。正確にはマーレ島のすぐ隣のフルレ島ヴェラナ国際空港


31日マーレの港(正確にはヴェラナ国際空港と陸続きの人工島「フルマーレ」の港。マーレは人口密度が世界一とも言われている。) 

DSC06473.jpg 

ヴェラナ国際空港


その港から1600発のスピードボートで目的地までノンストップで夕刻の海を疾走すること45分。




マーレからの高速船 

マーレからスピードボートで今回の目的地へ。手前の船。


DSC06486.jpg 

船長と二人のクルーと我々だけ。冷たいおしぼりとペットボトルのお水のサービス付き。


マーレから出発 

すごいスピード!

モルディブの首都であるマーレをあとにする。

 

小さな島マーレ島が全部首都だ。

モルディブの政治・経済の中心地で、貿易港でもある。

 

世界屈指の究極のナチュラルリゾートとしての観光業のほか、主要産業の1つである漁業での水産物の加工も行われる。

メバチ、カツオ、キハダマグロなどが海外に輸出されており、一部日本にも送られているという。

 

サマーアイランド


サマーアイランド 

サマーアイランドの位置

 

 

DSC06516.jpg 


 

モルディブの一つの小さな島サマーアイランドに311700前に到着。

 

ヨーロッパ人に人気の北マーレ環礁の小さな島。 

 

主にヨーロッパの人たちが究極のナチュラルリゾートを求めて滞在する人が多いので有名。 島には一つのホテル、SUMMER ISLAND MALDIVES があり、 サービスはオールインクルーシブ。  水上コテージホテル、朝昼夕食、お酒を含む飲み物、交通費、シュノーケリングなどが全部含まれている。


 サマーアイランドは小さな島で主にサンゴ礁起源の石灰質の砂で構成されており、その基盤のサンゴ礁の上に堆積してできた島らしい。  素足で歩いてもまったく痛くない真っ白な砂である。

 

一周が徒歩で10分ほど。おそらく一番高いところでも海抜1メートルくらいと平らな島。

 

島にレストランは二つ有り、「HIYA」 という水上レストランと「SAMUGA」という島の中のレストラン。 それ以外にBARも二箇所ある。

DSC06680.jpg 

BARの一つ。 床は真っ白な砂。


DSC06674.jpg 


どちらもお客を飽きさせないように日替わりで様々な食材を使った豊富な料理が用意される。

 

サマーアイランド サンドカーペット 

ホテルのレセプション。ウェルカムドリンク。 床は自然な真っ白な砂。ホワイトサンドカーペットというらしい。  これがなかなかきれいで歩くとすごく気持ちがいい。



DSC06514.jpg 

自動車やバイクなどはまったく存在しない世界。 鳥の声と波の音以外なにも音の無い静かな島。  その港を我々の荷物を人力荷車が運ぶ。


ターコイズブルーの海とホワイトサンドビーチ


モルジブの海-2

透き通った海と空の中にポツンとハンモック。いいねえ。

 

他の客も少ないのか、とても静かだ。遠くで鳥のさえずりが聞こえている。波の音しかしない。

すばらしい場所だ。  

 

SID-1でのUFO観測には最高の場所だ。 人工的なあかりもノイズも少ないことだろう。


モルジブの海-3 

とにかく静か。まったり、ゆったり。 一日中なにもしないでも十分すぎるほどリラックスでき至福のひと時が得られる。


 モルジブの海-1




DSCN0028.jpg 

360x360度の全天球カメラを持参した。 ここではその画像はこういう表示になってしまうが、実は前天球が写っている。 

リゾートなのに人が少なく、実に静か。鳥と海の音だけ。   


DSCN0115.jpg 




DSCN0111.jpg 


DSCN0113.jpg 

今回滞在する水上コテージ。日の出。  デッキをのんびりゆっくり歩いて朝食に向かう。スモッグも何もないので空も真っ青 空気がうまい

DSCN0151.jpg 

ターコイズブルーの海と島の全体が真っ白なホワイトサンドビーチは他のリゾートにはない美しさを誇る.

 

DSCN0036.jpg 


DSCN0176.jpg 

本当に小さな島。海抜およそ1メートルくらいの平坦な島  サンゴをいためないようにデッキを歩く.


モルジブの海-1 

ホワイトサンドビーチときれいな透明なターコイズブルーの海.


モルジブの鳥 

アオサギの仲間。体長が100センチくらいあるかも。 砂浜をよく歩いている。 ヒトもあまり恐れていないようだ。


 

 

あのSF界の大御所、アーサー・C・クラークが愛した

インド洋の海


モルジブの海 

ターコイズグリーンとターコイズブルーの海とホワイトサンドビーチは他のリゾートにはない見事な美しさを誇っている。  海にも砂浜にもデッキにもどこにもまったくゴミが落ちていない。 

 

 DSCN0072-3.jpg

多くの種類の魚がいる。  これはおそらくインド洋固有種のブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れ。

 

著者が最も尊敬する、SF界の巨匠、SF界の大御所である故サー・アーサー・チャールズ・クラーク(アーサー・C・クラーク)が、隣国のスリランカでスキューバ・ダイビングの日々を過ごした理由の一つがわかったような気がした。 

 

40歳のときイギリスからスリランカに移住し、90歳でなくなるまでスリランカのインド洋の桁外れにすばらしくキレイな海にもぐり続けたということだ。

 

1998年エリザベス2世女王よりナイトの称号を授与されている。 

 

代表作は「幼年期の終わり」、「2001年宇宙の旅」などが知られる、著者がもう何百回となく読み返しているのは「太陽系最後の日」である。


DSCN0072-4.jpg 

透明度がかなり高い。 はるか遠くまで視界がきく。



DSCN0072-5.jpg 

海底付近のなにかの大群


DSCN0072-6.jpg 

かなり深い海底までハッキリと確認できるくらいの透明度がある。

 


DSCN0199-1.jpg 

大型のアジの一種と思われる白い魚の群れ

 

DSCN0199-2.jpg 

水上コテージから直接階段で海にもぐれる。ここにも多くの大型のアジの一種の魚の群れ。

 

 

 

 

 

 

今回、実際に撮影されたモルディブのUFO


M20170402_010319__モルジブのUFO FR24-B 

今回のモルディブの中のサマーアイランド。観測場所である。

この地図の中の観測地点が黄色丸。カメラの方向は東、白矢印の方向。

 

 

さて、次回からは具体的に観測結果を見ていこう。

 

結論から言えば、いくつかの不思議な物体が撮影されたのである。

 

 

 

 

 

 

漆黒の闇に現われた淡い白色の光体

 

最初の事例はこれだ。 

 

観測地点と観測方向(SID-1miniのレンズの方向)はこの図のようにサマーアイランドから東の方向を自動観測している。

 

2017331日夜に撮影された、淡い白色の光体。

M20170401_021601__モルジブのUFO_CR_Z_F-1 

漆黒の夜の海の上に白い不思議な物体が。 海上からの仰角は約30度、東の方向に捉えられた謎の物体。


 M20170404_064055__モルジブでのUFO_CR_Z-013

この謎の物体が撮影された前後の時間にはなにも写っていない。 

通常は夜間はこの通り真っ暗な明かりも何もない漆黒の空で航空機やホタルや鳥や夜光虫などは確認できない。

とにかく真っ暗なのだ。 まったく飛行物体は認められない。


M20170401_021601__モルジブのUFO_CR_Z_F 



M20170401_021601__モルジブのUFO_CR_Z_F-2 

画像処理を施すとなんと上の部分と下の部分にも物体が存在していたのだ。

 


M20170401_021601__モルジブのUFO_CR_Z_F_Plot3D 

この画像の白線の部分で断面図を見てみる。


M20170401_021601__モルジブのUFO_CR_Z_F_Plot3D-1 

すると背景の真っ暗な空から綺麗に物体がくっきりと浮き上がっているのがわかる。  このグラフを見てわかるように急峻なカーブを描いていることから、雲とかではないと思われる。

また、SID-1は星とか街灯とか灯台の明かりなどがその方向にあったとしても、検知しないようにマスク(遮蔽)することが可能なので、この白い「謎の物体」はそういうものではない。

 

M20170401_021601__モルジブのUFO_CR_Z_F_Plot3D-2 

同じく白線の部分で断面図を見てみる。

するとやはり背景の真っ暗な空から綺麗に物体がくっきりと浮き上がっているのがわかる。

 



M20170401_021601__モルジブのUFO_CR_Z_F_Plot3D-2-1 

このことからこの物体は雲とか自然現象ではない何かの物体が存在したということがわかる。

 


Int3D_M20170401_021601__モルジブのUFO_CR_Z 

 別な画像処理を施すと明らかに平面(x軸、y軸で作られる平面。この場合は背景の夜空)から円錐形の形状図形が浮き出てくる。(著者注:高さ、色は実際の物体の高さや色を表しているわけではない)

z軸は画像の全ての画素の輝度の強さを表している。(注意:物体の形状をそのまま現しているわけではない)

このことからも、その空間には、自然現象では説明不可能な、ハッキリとした物体が存在していたといえるのだ。


M20170401_021601__モルジブのUFO FR24これが正しい-1-1 

念のために航空機やヘリコプターかどうかを調べてみる。 その際に強力なツールとなるのが”FlightRadar24”という世界中の航空機、ヘリコプター、軽飛行機が今現在(あるいは過去)どこを飛行しているのかを調べる有料サービスがある。

 

世界中の上空を飛んでいる航空機の機種、所属、高度、速度やどこから飛び立ってどこへ行くのかなど詳細が正確にわかるので、著者はUFO目撃や写真などの分析・解析時に頻繁に利用している。

 

 

当時の同日、同時刻、同方角のモルディブ上空の航空機群の飛行記録をかなりの広範囲で確認したがこのUFOに適合する方向や位置に一切の航空機、ヘリコプターや軽飛行機は存在していないことがわかる。

 

SID-1のレンズの向いている全く逆の方向、観測地点の左下に航空機が一機存在するが、これは、 Cathay Pacific 749便でホンコンから南アフリカのヨハネスブルグに向かう便である。

Boeing 777-300ER、速度: 856 km/h、飛行高度9,144m。 今回のUFOとは関係ない。

 

 翌日の白く輝く謎の物体

 

 

201741日夜撮影。

前日に引き続き、海上上空を浮遊する謎の物体、白い明るい光が認められる。

前日のものとは別なものかもしれない。 形状と明るさが別物のように見える。

 

M20170402_010319__モルジブのUFO_Z_CR-2 

海上上空を浮遊する謎の物体。白い光が認められる。物体の下部になにかが噴出しているようにも見える。あるいはいわゆるフォースフィールドか。



M20170402_010319__モルジブのUFO_Z_CR_3Dplot-1 

白線の部分で断面図を見てみる。

するとやはり背景の真っ暗な空から綺麗に物体がくっきりと浮き上がっているのがわかる。

 

このグラフを見てわかるように急峻なカーブを描いていることから、雲とかではないと思われる。

 

また、SID-1は星とか街灯とか灯台の明かりなどがその方向にあったとしても、検知しないようにマスク(遮蔽)することが可能なので、この白い「謎の物体」はそういうものではない。

 

M20170402_010319__モルジブのUFO_Z_CR_3Dplot-1-1 



M20170402_010319__モルジブのUFO_Z_CR_3Dplot-2 

次に縦の白線の部分で断面図を見てみる。

するとやはり背景の真っ暗な空から綺麗に物体がくっきりと浮き上がっているのがわかる。

 


M20170402_010319__モルジブのUFO_Z_CR_3Dplot-2-1 

 この図の左側の立ち上がりは非常に急角度である。それに比べて右側はゆっくりと滑らかな曲線である。画像を見てわかるようにこの図の右側の部分は縦の白線の部分の下部にあたる。物体の下部になにかが噴出しているようにも見える、あるいはいわゆるフォースフィールドのような部分であるのでこのように滑らかな曲線になったと思われる。


Surface_Plot_of_M20170402_010319__モルジブのUFO_Z_CR-1 

画像処理を施すと明らかに平面(x軸、y軸で作られる平面。この場合は背景の空)から円錐形の鋭いピークをもつ形状図形が浮き出てくる。

 

z軸は画像の全ての画素の輝度の強さを表している。(注意:物体の形状をそのまま現しているわけではない)

 

このことからも、その空間には、自然現象では説明不可能な、ハッキリとした物体が存在していたといえるのだ。

 

 M20170404_064055__モルジブでのUFO FR24これが正しい-1

 当時の同日同時刻のモルディブ上空の航空機群の飛行記録をかなりの広範囲で確認したがこのUFOに適合する方向や位置に一切の航空機、ヘリコプターや軽飛行機は存在していないことがわかる。

 


ダイヤモンド型UFO

 

201741日深夜。ダイヤモンド型のUFOが捉えられた。


M20170402_033525__モルジブのUFO_CR_Z_F-1 

謎の光体が撮影されていた。   当然レンズに光が入ったのかと最初は疑った。

 

たとえば太陽などの強い光源が画面内にはないのでハレーションではないだろう。

 

あるいはレンズに強い光が当たっているとレンズ内で光が反射してフレアを起こす場合があるが、強い光も弱い光も存在していなかったので、フレアでもないと思われる。

 

知られたことだがフレアはレンズがあるかぎりどんなカメラでも起こりうる。画面に円や多角形の幾何学図形のゴーストが現れることもある。   

 

しかし、繰り返すが、今回は強い光源となる、太陽も月も、強い光源も同日、同時刻には存在していなかった。  

 

したがってハレーションもフレアもゴーストも今回は考えられない。


M20170402_033525__モルジブのUFO_CR_Z_F_3Dplot-1 

白線の部分で断面図を見てみる。

するとやはり背景の真っ暗な空から綺麗に物体がくっきりと浮き上がっているのがわかる。


 M20170402_033525__モルジブのUFO_CR_Z_F_3Dplot-2-1

このグラフを見てわかるように急峻なカーブを描いていることから、雲とかではないと思われる。

また、SID-1は星とか街灯とか灯台の明かりなどがその方向にもしあったとしても、検知しないようにマスク(遮蔽)することが可能なので、この白い「謎の物体」はそういうものではない。

 

 

M20170402_033525__モルジブのUFO_CR_Z_F_3Dplot-2 

同様に白線の部分で断面図を見てみる。

するとやはり背景の真っ暗な空から綺麗に物体がくっきりと浮き上がっているのがわかる。

 

M20170402_033525__モルジブのUFO_CR_Z_F_3Dplot-1-1 


M20170402_033525__モルジブのUFO_CR_Z_F-1


Surface_Plot_of_M20170402_033525__モルジブのUFO_CR_Z_F-1 

画像処理を施すと明らかに平面(x軸、y軸で作られる平面。この場合は背景の空)から円錐形の形状図形が浮き出てくる。

 

z軸は画像の全ての画素の輝度の強さを表している。(注意:物体の形状をそのまま現しているわけではない)

 

このことからも、その空間には、自然現象では説明不可能な、ハッキリとした物体が存在していたといえるのだ。

 

            

M20170404_064055__モルジブでのUFO FR24これが正しい-1 

 また、この航空飛行地図のように当時の同日同時刻のモルディブ上空の航空機群の飛行記録をかなりの広範囲で確認したがこのUFOに適合する方向や位置に一切の航空機、ヘリコプターや軽飛行機は存在していないことがわかる。

 


一見、雲のような移動する謎の物体

 

 

201743日早朝撮影

早朝の東の海上を南から北方向へ移動する謎の物体が記録されていた。


 M20170403_101145__モルジブのUFO鳥_CR


M20170403_101145__モルジブのUFO鳥_CR-1 

 矢印の先の黒い物体。


M20170403_101145__モルジブのUFO鳥_CR_F 

画像処理で強調すると、周辺の雲より、はるかに濃いコントラストを持った丸い形の物体が飛行しているのがわかる。 雲ではない。

 

鳥や虫の特徴である、羽や足のようなものも認められない。

 

なにか丸い物体の様である。

M20170403_101145__モルジブのUFO鳥_CR-2 



モルディブの漆黒の夜に妖しく緑色に輝くデルタUFO

 

 

201744日深夜撮影。

深夜にSID-1が自動で捉えた強烈な緑色に発光する謎の物体。デルタ型だ。

M20170404_064055__モルジブでのUFO_CR_Z-2 

最初に出現したときのフレームの画像。 以下連続フレームをごらんいただこう。

 

M20170404_064055__モルジブでのUFO_CR_Z-3 



M20170404_064055__モルジブでのUFO_CR_Z-4 

緑色に強く発光しているようだ。



M20170404_064055__モルジブでのUFO_CR_Z-5 

次の瞬間に暗くなったりする。距離が遠ざかった為かもしれない。雲はない。



M20170404_064055__モルジブでのUFO_CR_Z-6 

再び明るさが増す。



M20170404_064055__モルジブでのUFO_CR_Z-7 

デルタ型だ、アダムスキー型のようにも見える。



M20170404_064055__モルジブでのUFO_CR_Z-8 



M20170404_064055__モルジブでのUFO_CR_Z-9 

再び暗くなる。


M20170404_064055__モルジブでのUFO_CR_Z-10 

移動を始める。  ひとつ前のフレームから下方へ0.033秒後に移動した。このフレームを最後に消滅し、そのあとの時間には何も記録されていなかった。




M20170404_064055__モルジブでのUFO_CR_Z_F-1 

一部のフレームを拡大してみる。 

何かを反射しているような光りかたではない、自ら強力に発光しているようだ。

 


M20170404_064055__モルジブでのUFO_CR_Z_F-2 

 強烈な光を放っていることがわかる。 中心部分は強い白い光。

徐々に周辺部にいくにしたがって、緑色に発光している。

 

その緑色の周辺部分は強い光の原因によるフレア現象だと思われる。あるいはこのUFOが放つフォース・フィールドか。

 

未提出20170407モルジブのUFO 

デルタ型UFOは、しばらくそのまま空中に静止していた。 その間も強い光が脈動しているようにも見える。

 


M20170404_064055__モルジブでのUFO_CR_Z_F-3-3DPlot-1 

画像処理を施すと明らかに平面(x軸、y軸で作られる平面。この場合は背景の漆黒の空)からデルタ形の形状図形が浮き出てくる。

 

z軸は画像の全ての画素の輝度の強さを表している。(注意:物体の形状をそのまま現しているわけではない)

 

このことからも、その空間には、自然現象では説明不可能な、ハッキリとした曲線をもったデルタ型のUFOが存在していたといえるのだ。

 

M20170404_064055__モルジブでのUFO_CR_Z-013 

通常夜間はこの通り漆黒の空で航空機やホタルや鳥や夜光虫などは確認できない。

とにかく真っ暗なのだ。


M20170404_064055__モルジブでのUFO FR24これが正しい-1 

この地図のように当時の同日同時刻のモルディブ上空の航空機群の飛行記録をかなりの広範囲で確認したがこのUFOに適合する方向や位置に一切の航空機、ヘリコプターや軽飛行機は存在していないことがわかる。


過去のモルディブでの目撃例

 

ちなみに過去のUFO目撃例を調べてみたら時々モルディブや近くのスリランカでもUFO目撃があることが判明した。   

 

2016年7月27日 15時頃 スリランカの西の空の景色をカメラで撮影した画像に偶然、緑色に光る物体のようなものが写りこんでいた。

 

2014年3月25日 謎の球形の金属物体がモルディブのバーラ島の浜辺で発見され、当局が確保したが、いまだに謎のままだという。

 

2014年3月19日 モルディブのメール島で謎の光る物体が目撃された。詳細は不明

 

2008年11月5日 モルディブのマーレ島で二人のパイロットがUFOを目撃した。

 

2006年7月1日 スリランカのナバダの村で村人たちが地上におよそ60センチほどの地球上のものとは思えない謎の生物を目撃した。

 

2005年1月24日 モルディブのニコラ島で漁師たちが怪しい光の物体を目撃した、そのときラジオからノイズのような異音が聞こえていたという。

 

1998年6月5日 スリランカ 海上に明るい光を目撃。その光は水平に移動したり、停止したり、上空に移動したり、そこで停止したりを繰り返したあと消滅した。

 

などなど

 

 

 

まとめ

 

モルディブに行く機会が得られたので、旅行記とあわせてUFO観測の結果を報告させていただいた。

不思議な謎のUFOが撮影できたのには本当におどろいた。 

 

広いインド洋のなかのモルディブという小さな島の上空にも不思議な強烈な光輝くUFOが存在したのだ。

 

それを撮影できたのは、持ち運びが可能な可搬型というべきSID-1miniの性能のおかげである。

 

今後も日本の各地や海外での観測を続けていきたい。

 

その結果は従来の東京でのSID-1の観測とともに、機会があれば今後も随時報告させていただく予定だ。

 

 

 

SID-1も地球外文明探査に協力

 

地球外文明探査の最新の研究では、我々が住む銀河系だけでも、地球のような惑星が1億以上あると見積もられている。

 

さらにそのような銀河は宇宙全体で数兆個以上あるとされている。

 

それだけ多くの銀河があって、当然地球のような生命がうまれる可能性のある惑星が膨大な数存在するのならば、地球上の生物のような知性の有る宇宙人がいてもおかしくないと研究者たちは真剣に考えているのだ。

 

地球外文明探査はそれが人類全体のための素晴らしい探求であると研究者の多くは考えている。

SID-1もその一助になれば幸いである。

 

 

 

 

自動観測撮影装置ロボットSID-1

 

今この時間にもSID-1はその“眠らないレンズ”で自動観測を続けている。

すでに今回紹介したケース以外にもいくつかの不思議な現象、物体を観測している。

今後も紹介していきたい。

 

 

宇宙現象観測所センター(SPOC)は、地球の大気圏内の宇宙や空中で発生しているさまざまな不思議な現象や物体、なかでもUFOを積極的に補足して記録していくという意図のもとで設立された世界でも類を見ない初の試みである。

 

スタッフに多くの科学者や技術者などの熟練者を抱える世界最大の民間UFO研究団体、“MUFON”もその威力の凄さを認めている。

 

今までにSID-1が記録した物体のいくつかは“MUFON”にもレポートしていて、調査の結果”未確認飛行物体“として認定されている。

 

宇宙現象観測所センター(SPOC)で構築した自動観測撮影装置ロボットSID-1は観測を開始して以来UFO以外にも流星、不思議な光、UFC、雷あるいはIFO等、宇宙や空中を移動するものあるいは現象を自動で検知し録画記録している。

 

SID-1miniは移動設置可能なので世界中どこでも観測可能だ。

 

SID-1が撮影した画像データの画像解析・分析も様々な研究所でも使用されている専用ソフトで実施している。

 

SID-1が撮影した画像の一部は宇宙現象観測所センターで公開している。

Space Phenomena Observatory Center (SPOC)

http://spacephenomena.blog.fc2.com/ 

で随時アップデートしている。一部YouTubeでも公開している。

 

ご希望の方には同等のシステムを有償にて構築させていただいている。

 

また、UFOらしきものを撮影された方々や出版社からの依頼で、画像の分析・解析も行っている。気軽にご相談いただきたい。

The UFO detect video recording system ,world's first UFO system automatic observation and video recording robot “SID-1” start operation in Tokyo Japan.

This report contains some UFO which SID-1 taken so far.

 

This "Space Phenomena Observatory Center(SPOC)" is under the intended variety of mysterious phenomena and objects have occurred in space and the air in the Earth's atmosphere, that continue to record actively such UFO and unusual things founded 2014.. This is a unique first attempt in the world.

From 2014, activated the SID-1" (SID1 = Space Intrusion Detection systems-1)"  and so far  this SID-1 has succeeded in capturing some of the things many times and did many analyze, compare with air vehicle, aeroplane, aircraft, helicopter, birds, bugs or  other natural phenomenon that could  be determined that is UFO.  Here report some examples which should be astonished.

This is the UFO observation system which not available in the world and it enables an observation for 365 days x 24 hours.  See more detail at,

Space Phenomena Observatory Center (SPOC)

http://spacephenomena.blog.fc2.com/ and Youtube(“Space Phenomena Observatory Center”)

 

 

 






スポンサーサイト

別窓 | SID-1が撮影した未確認飛行物体(UFO) | ∧top | under∨

長年の疑問「UFOや宇宙人はいったいどこから来るのか?」 やっと判明した宇宙人のその故郷 Over the years' doubt

2017-06-24 Sat 12:01

長年の疑問「UFOや宇宙人はいったいどこから来るのか?」

やっと判明した宇宙人のその故郷

 

Abstract:

Over the years' doubt "Where do UFOs and aliens come from?"

Finally found out the planet of the alien

 

Considering that there are highly credible eyewitness reports around the world, images taken in various places, and high-tech videos that are not fake shots taken by SID – 1(At SPOC)

It can be concluded that there is UFO or an alien.

Then the next important question.

I thought about where the UFO and the alien came to the earth.

Well then, is not the alien answering the allegations of the earthling people ever, has not sent a spacecraft etc. to the earth?    No, in fact it is not.

So I tried this assumption.

TV waves jumped out of the earth into space and it got delivered to some extent aliens and sent a probe or an expedition immediately.

That time is to be the earliest thing to reach the universe with TV waves from the first Earth. The first UFO wave phenomenon (that the UFO incident is witnessed with a much higher probability than the normal year) occurs after years or decades thereafter.

From the time until the TV wave arrives, infer the star where the UFO and the alien have come from.

I thought about the origins of UFOs and aliens who had been a mystery for many years from the viewpoint of UFO wave and television radio, but at first it seemed not to have any relation, but this report showed It seems that there is actually a great correlation as it seems.

 

 

世界中でかなり信憑性の高い目撃報告や様々なところで撮られた画像や、宇宙現象観測所センター(SPOC)のSID-1で撮影されたフェイクでは無いハイテク動画などが存在することを考慮すると、

もはやUFOあるいは宇宙人が存在すると断定してもおかしくはない。

 

では次の重要な質問。

いったいUFOや宇宙人はどこから地球に来ているのかを考えてみた。

ヒントは近くにあったのだ

 

昔から地球人は様々な手段で異文化交流を続けてきた。口から発する様々なことば、書き物、壁画のようなイラスト、のろしや火などを使って遠くの同士とコミュニケーションを図ってきた。

テクノロジーの進化とともにそれは電波へと発展する。現在は地球上のありとあらゆるところに電波は飛び交っている。

その周波数もさまざまである。

ラジオやテレビや携帯やレーダなどで使用されている短波、超短波、極超短波などの高い周波数の電波の一部は地球を飛び出して宇宙へ伝搬する。

 

実際には様々な障害物やもちろん距離によって著しくその電波は減衰していく。

しかし地球から地球人が発した電波は微弱ながら宇宙を飛んでいるのも事実だ。

 

現在ではこの電波や光を使った大掛かりな莫大な予算を使った地球からの呼びかけや、逆にどこかの宇宙のどこかの宇宙人からの電波や光を受け取るためのプロジェクトもある。

 

地球人はよほど寂しがり屋なのか、すでに莫大な予算と時間を費やして必死に宇宙人を探しているのだ。 

 

しかもどこかに必ず宇宙人は存在するという人類の強大な意志が働いているのだ。

 

そのような時間とお金をかけても決して無駄にはならないと皆、地球人が感じているからだ。そでなければそんなプロジェクトが今日も続いているわけがないのだから。

 

たとえばその代表的なものが、

プロジェクトSETI(セティと読む) 地球外知的生命体探査Search for Extra-Terrestrial Intelligence)地球外知的生命体の宇宙文明存在を確認しようという壮大なプロジェクトだ。

 

SETIの中で現在最も大規模に行われている方法では、巨大な電波望遠鏡で受信した電波を解析し、地球外知的生命から発せられたシグナルがないか探すというものだ。

 

筆者自身、このSETIには長年参加して、宇宙からの自然現象ではない人工的な通信を発見すべく日々複数台のコンピュータを使って解析している。といっても自動的に勝手にコンピュータが計算して解析してるわけだが。


アレシボ天文台 

世界最大の電波望遠鏡。プエルトリコにあるアレシボ天文台(英語版en:Arecibo Observatory)のものであり、自然の凹地を利用し、直径は305mにもなる。(NASA)





SETIのPC画面 

SETI@homeプロジェクトのPC上の画面

 

 

また最近では宇宙で知的生命体の兆候を発見するための1億ドルのイニシアチブであるBreakthrough ListenというSETIを一気に拡張したようなプロジェクトも20161月に観測が始まっている。

 

古くは

1960年、世界初の電波による地球外知的生命体探査であるオズマ計画が行われた。

 

1970年代からは電波のほかに、光学望遠鏡を使って地球の人類と同等以上のテクノロジーを持つ知的生命体ならば発する可能性のある大輝度レーザー光を検出する試み(OSETI、光学的地球外知的生命探査)もあり、専用望遠鏡も存在する。日本の「西はりま天文台なゆた望遠鏡」がそのリーダーとして世界的に有名。


なゆた 

西はりま天文台なゆた望遠鏡  口径2mを誇る日本国内最大の望遠鏡。一般の方が日常的に見学したり星を直接覗くことができる望遠鏡としては世界最大の望遠鏡

OSETI光学的地球外知的生命探査の世界的リーダーだ。


 

 

この他にも、地球外文明が惑星系の中心星へ核廃棄物を投棄しているという仮定で、その証拠を分光学的に調査する観測や、地球外知的生命が地球周囲に探査機を送り込んできていると仮定し、それらが配備されている可能性がある領域の撮影を行い捜索する分野などもある。

 

ガンマ線バーストが地球外知的生命の恒星船の航行による痕跡であるという仮説を検証するため、宇宙探査機で得られたデータが調査されたこともある。(注:参照Wikipedia

 

1983年にスタンフォード大学のアンテナからアルタイルへメッセージが送信されたが、これは日本人による初のアクティブSETI企画である。

 

また宇宙探査機に宇宙人あてのメッセージを搭載した例としては、パイオニア探査機の金属板が、さらにボイジャーのゴールデンレコードがある。我々地球人はここにいるよ、というメッセージだ。


パイオニアの金属板 

パイオニアの金属板(NASA)  金属板は19723月(45年前)と1973年に打ち上げられた宇宙探査機パイオニア10号・11号に取り付けられた銘板 積極的な地球外知的生命体探査の最初のケースである。どこから飛来してきたのかがわかるようになっている。 NASA ではこの金属板(と探査機自身)が地球や太陽よりも長く生き残ることを期待している。

現在の場所は、太陽から119天文単位1天文単位は地球と太陽との平均距離)


Pioneer 10

太陽系から飛び出して、はるか彼方を飛行中

時速42,840Kmという高速で太陽から遠ざかっていて、今も宇宙人に拾ってもらうべく飛んでいる。




ボイジャーの金のレコード盤 

40年前の197795日に打ち上げられた、ボイジャーのレコード盤(NASA) この金メッキされたアルミニウム素材のケースには、「地球の音」を収録したレコード盤とレコードの再生方法を示した図が描いてある。

 

ボイジャーに搭載された金メッキされた銅板製レコードは、地球外知的生命体によって発見され、解読されることを想定している。

 

地球上の生命や文化を伝える音や画像が収録されており、55種類の言語による挨拶、ザトウクジラの歌などが収録されている。

 

なお、レコードの表面は、超純粋なウラン238で覆われている。

 

ウラン238の半減期は45.1億年で、このレコードを受け取った文明は、同位体組成を解析することにより、いつごろ収録されたかが分かるようになっている。

 

現在の場所は、太陽から139天文単位(1天文単位は地球と太陽との平均距離)

時速61,200Kmという高速で太陽から遠ざかっていて、今も宇宙人に拾ってもらうべく飛んでいる。

voyager 1

太陽系から飛び出して、はるか彼方を飛行中



 

宇宙人からの電波?

 

1977年にはオハイオ州立大学のビッグイヤーによって、いて座の方向から「Wow! シグナル」の通称で知られる強い電波が受信された。

 

宇宙人からの信号の可能性が指摘されたが、その後の観測では同様の電波は受信されていない。

 

1977815日にSETIプロジェクトの観測を行っていたオハイオ州立大学のジェリー・R・エーマンが、ビッグイヤー電波望遠鏡で受信した電波信号である。

 

その起源は謎のままである。移動する太陽系外生命の宇宙船が発した信号という説まで存在する。

 

実は宇宙人は反応していた!!

 

 

さてそれでは今までの地球人の呼びかけに宇宙人は答えていないのか、地球に探査機などを派遣していないのだろうか。いや実はそうではないのだ。

 

そこでこういう仮定をしてみた。

地球から電波が宇宙に飛び出してそれがうまい具合にどこかの宇宙人に届いて、すぐ探査機や探検隊を派遣したとする。

 

その時期は最初の地球上からの電波で宇宙に届く初期のものであること。その後何年後か何十年後に最初のUFOウェイブ現象(UFO事件が平年よりはるかに高い確率で目撃されること)が発生していること。

 

電波が届くまでの時間から、そのUFOと宇宙人がどこの星から訪れたのかを類推する。

 

 

 

世界初のTV放送とUFOウェイブ

 

宇宙に電波が飛び出す必要があるので、電離層を突き抜けられるだけの高周波でなければならない。そうでないと電波は宇宙に出ていかないからだ。

そこで初期のテレビ放送に注目した。それ以前の放電現象による電波やラジオ電波の高調波などは考えない。

 

世界初の意味のあるテレビ放送にはこのような歴史がある。

1929 - 英国放送協会(BBC)がテレビ実験放送開始。

1931 - NHK技術研究所でテレビの研究開始。

19328 - イギリスで世界初の定期試験放送(機械式、週4日)開始。

1933 - アメリカのウラジミール・ツヴォルキンがアイコノスコープを開発、野外の景色を撮像することに成功。

1935 - ドイツで定期試験放送開始。 1936年ベルリンオリンピックのテレビ中継が行われる。世界に先駆けテレビジョンの定時放送を開始。

 

この中で1936年のオリンピックの開会式は、地球の電離層を通過するのに十分高い周波数の最初の主要なテレビ放送だった。

 

 

その電波が地球から発信されてしばらくのちに世界で初めてUFOが頻繁に現れ始めた、いわゆるUFOフラップあるいはUFOウェイブが起こったと考えるのは自然ではないだろうか。無理な考えではないと考える。

 

さてそれでは、世界最初のUFOフラップあるいはUFOウェイブはいつだろうか

 

 

 

最初のUFOウェイブが1947年だ。以下のような有名な事件が発生した年だ。

モーリー島事件

1947621日アメリカ

アーノルド事件の3日前に起こったというUFO爆発事件。

奇妙な結末に終わる。

 

ケネス・アーノルド事件

1947624日アメリカ

実業家が自家用機から高速で飛ぶ謎の飛行物体を目撃。

空飛ぶ円盤という言葉を生んだ歴史的目撃事件。

 

 

ロズウェル事件

194772日アメリカ

墜落したUFOと宇宙人を米軍が回収!?

UFO史上最大のミステリーとして、今なお語られ、研究が続けられる事件。

 

マンテル大尉機墜落事件

194817日アメリカ

空軍パイロットがUFOを追跡して墜落。とうとうUFOによって犠牲者が出たのか!?

クラシック3大事件のひとつ。

 

イースタン航空機事件

1948724日アメリカ

旅客機がロケット型UFOとあわや衝突の危機!

クラシック3大事件のひとつ。

 

 

ゴーマン少尉機空中戦事件

1948101日アメリカ

空軍戦闘機がUFOと20分間におよぶドッグファイト!

クラシック3大事件のひとつ。

 

などなど大きな事件がいくつもある。

その後も有名な事件が続く。

 

ラボック事件

1951825日アメリカ

全翼機のような光体群が何度も目撃される。

少年の撮った写真が物議をかもした。

 

 

二回目のUFOウェイブが1952年だ。

 

ワシントンD.C.上空UFO乱舞事件

1952719日アメリカ

アメリカの首都上空がUFOによって侵された!

レーダー上を信じられない速度で飛び回る物体に、大統領はアインシュタイン博士に指示を仰ぐ。

 

 

フラットウッズ事件

1952912日アメリカ

田舎町に赤く光る飛行物体が落下。

確認しに行った少年達の目の前に、悪臭を放つ3mの怪物が現れた!

 

三回目のUFOウェイブが1957年だ。

 

四回目のUFOウェイブが1966年だ。

 

 

計算してみる

 

1947年を最初のUFOウェイブとする。

1936年の電波が地球外へ飛び出した電波とする。

最初のUFOウェイブがこの電波を受けてのことだとすると、

1947年から1936年を引くと11年間。

 

もし宇宙人が光の速度のほぼ100%で来ると仮定して、直ちに彼らの惑星を飛び立ったとすると、

 

11年間割る2で5.5光年の距離の惑星ということがわかる。あるいは宇宙人の準備期間を考慮すると5.5光年以下の距離の惑星ということになる。

 

 

それでははたしてその距離に存在する惑星は存在するのだろうか。

 

 

 

なんとその惑星が見つかったのだ!

 

 

その条件に合致したのは、地球からの距離が光の速さでおよそ4年かかる場所にあるプロキシマ・ケンタウリという恒星だ。

 

地球から約4光年離れた「プロキシマ・ケンタウリ」という恒星を周回する惑星を新たに発見。「プロキシマb」と名付けた。重さは地球の1・3倍以上で、約11日で公転している。20168月に発見された。

 

 研究者らによると、この星では水分が生まれ、現在も残っている可能性がある。地表温度は液体の水が存在できる範囲とみられる。太陽系外で水がある可能性を持つ星としては、今回の惑星が太陽系に最も近いという。


Proxima Centauripotw1343a 

プロキシマ・ケンタウリ  Credit: ESA/Hubble & NASA




proximasurface.jpg 

プロキシマ・センタウリを周回する惑星プロキシマ bの表面の想像画。Credits: ESO/M. Kornmesser



  

結論として、現在のところ、少なくとも最初のUFOウェイブの際に地球を訪れた宇宙人、UFOはプロキシマ・センタウリを周回する惑星から来た可能性が非常に高いということになる。

 

実はこの仮定を実証してくれるかもしれない計画があるのだ。

20172月。ドイツのマックス・プランク太陽系研究所に所属する天体物理学者のチームが、この系外惑星に恒星の光子を利用して超小型探査機探査機を送り込んで長期間観測を行う方法を提唱し、宇宙物理学の学術誌『アストロフィジカル・ジャーナル・レターズ(Astrophysical Journal Letters)』に論文を発表した。

、同じく「アルファ・ケンタウリ星系」に超小型の宇宙探査機を送り込もうというホーキング博士らの計画「ブレイクスルー・スターショット」計画もある。

このプロジェクトが実現されれば大発見があるかもしれない。

 

 

まだ、見つかっていないが、今後も地球から近いところにますます、そのような宇宙人が居住可能の惑星が発見される可能性はたかいと思われる。

 

例えば、20153月に地球が属している天の川銀河には、生命居住可能領域内を公転している惑星が数十億個存在する可能性があるとの研究論文英国王立天文学会誌で発表された。

また、太陽系外に存在する、いわゆる「系外惑星」の探査を目的として2009年に打ち上げられたNASAの宇宙望遠鏡「ケプラー」により、これまでに数千個の惑星が発見されている。その多くは、1つの恒星の周りを複数の惑星が公転する太陽系に似た惑星系内に存在しているという。

 

今後もそれぞれのUFOウェイブの際のUFOや宇宙人がこれらの惑星から来訪している可能性は高いと思われる。  今後の研究に目が離せない。

 

 

 

ちなみに最近のUFOや宇宙人の故郷はどこなのか類推する

 

同様に1936年の電波が地球外へ飛び出した電波とする。

2016年から1936年を引くと80

80年割る2で40年片道  片道40光年の距離にある惑星から来ているとする。どこだろう?

 

 

20172月にNASAが発表。太陽系から40光年にある赤色矮星「トラピスト1」に、地球に似た大きさの惑星が7つも存在し、しかもそのうちの3つは地球型の生命体が存在することが可能な領域に位置しているというものだ。

ここの可能性が今のところ一番高い。



TRAPPIST-1.jpg 

トラピスト1の7つの惑星 (NASA)Credits: NASA-JPL/Caltech


TRAPPIST-1d.jpg 

トラピスト1の惑星の一つ      Credits: NASA-JPL/Caltech


長年の謎であったUFOと宇宙人の起源をUFOウェイブとテレビ電波という視点から考えてみたが、最初はなんの関連性もないのではないかと思われたが、なんと今回のレポートが示したように実は大きな相関関係があるのではないかと思われる。

 

今後もますます地球から近い宇宙に宇宙人が住めそうな惑星が発見されることだろう。

今後の発見に期待したい。














SID-1も地球外文明探査に協力

 

地球外文明探査の最新の研究では、我々が住む銀河系だけでも、地球のような惑星が1億以上あると見積もられている。

さらにそのような銀河は宇宙全体で数兆個以上あるとされている。

それだけ多くの銀河があって、当然地球のような生命がうまれる可能性のある惑星が膨大な数存在するのならば、地球上の様々な生物のような知性の有る宇宙人がいてもおかしくないと研究者たちは真剣に考えているのだ。

地球外文明探査はそれが人類全体のための素晴らしい探求であると研究者の多くは考えている。

SID-1もその一助になれば幸いである。

 

 

自動観測撮影装置ロボットSID-1

 

今この時間にもSID-1はその眠らないレンズで自動観測を続けている。

すでに今回紹介したケース以外にもいくつかの不思議な現象、物体を観測している。

 

宇宙現象観測所センター(SPOC)は、地球の大気圏内の宇宙や空中で発生しているさまざまな不思議な現象や物体、なかでもUFOを積極的に補足して記録していくという意図のもとで設立された世界でも類を見ない初の試みである。

 

スタッフに多くの科学者や技術者などの熟練者を抱える世界最大の民間UFO研究団体、“MUFON”もその威力の凄さを認めている。

 

 

自動観測撮影装置ロボットSID-1は観測を開始して以来UFO以外にも流星、不思議な光、UFC、雷あるいはIFO等、宇宙や空中を移動するものあるいは現象を自動で検知し録画記録している。

 

このSID-1は移動設置可能なので世界中どこでも観測可能だ。SID-1が撮影した画像データの画像解析・分析も専用ソフトで実施している。

 

SID-1が撮影した画像の一部は宇宙現象観測所センターで公開している。

Space Phenomena Observatory Center (SPOC)

http://spacephenomena.blog.fc2.com/ 

で随時アップデートしている。

また、一部YouTubeYoutube宇宙現象観測所センター“で検索)でも公開している。

 

 

The UFO detect video recording system ,world's first UFO system automatic observation and video recording robot “SID-1” start operation in Tokyo Japan.

This report contains some UFO which SID-1 taken so far.

 

This "Space Phenomena Observatory Center(SPOC)" is under the intended variety of mysterious phenomena and objects have occurred in space and the air in the Earth's atmosphere, that continue to record actively such UFO and unusual things founded 2014.. This is a unique first attempt in the world.

From 2014, activated the SID-1" (SID1 = Space Intrusion Detection systems-1)"  and so far  this SID-1 has succeeded in capturing some of the things many times and did many analyze, compare with air vehicle, aeroplane, aircraft, helicopter, birds, bugs or  other natural phenomenon that could  be determined that is UFO.  Here report some examples which should be astonished.

This is the UFO observation system which not available in the world and it enables an observation for 365 days x 24 hours.  See more detail at,

Space Phenomena Observatory Center (SPOC)

http://spacephenomena.blog.fc2.com/ and Youtube(“Space Phenomena Observatory Center”)

 

 

また、SID-1UFO以外にUFC、鳥の編隊飛行、様々な自然現象や天文現象も記録することが可能だ。

ご希望の方には同等のシステムを有償にて構築させていただく。

また、UFOらしきものを撮影された方々や出版社からの依頼で、画像の分析・解析も行っている。お気軽にご相談いただきたい。

 

Space Phenomena Observatory Center(SPOC)

宇宙現象観測所センター







 






 



 

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨

アイスランドの水中巨大生物の画像解析 Image analysis of large organisms UMA in Iceland

2017-06-18 Sun 15:04

アイスランドの水中巨大生物の画像解析

 

この文章は2012年に世界中で大きな話題となった、アイスランドの水中未確認生物を公開されている画像をもとに分析したものである。

 

 

Image analysis of large organisms UMA  in Iceland

This report was analyzed based on the published image of Iceland's unidentified aquatic creatures which became a big topic all over the world in 2012.

I tried image analysis of topic Icelandic giant creatures, I would like to explain here what I found.

For the image analysis, the image published on the net was used.
Although it is a rather rough image, I tried various analysis as much as possible.
Therefore, this time, the latest image processing using "Mathematica" used by scientists and researchers around the world is said to be called standard software in the field of scientific research.

This analysis means that this may be artificial.
Unknow “creature” tried to make something fairly pretty, but it is quite an image that the exercise is not going well.

 

話題となっているアイスランドの巨大生物の画像解析を試みた、その結果分かったことをここに解説してみたい。

 

画像解析にはネット上に公開されている画像を使用した。

かなり荒い画像であるが出来る限り様々な解析を施してみた。

そこで今回科学研究分野で標準ソフトといわれ、世界中の科学者や研究者が使っている「Mathematica」を使った最新の画像処理を実施。

 

画像は20122月にアイスランドで撮影したもの。

映像には、うねうねと泳ぐ謎の生物らしきものが映し出されてるが、その正体は判明していない。

また、この湖は泥などが多く生物が生存するのは非常に難しい環境だとも言われている。

 

まず、元画像として使用したものは、図1などである。

 

図1



例えばこれを画像処理で鮮明化していく。

 

図2

 

そうするとこのようにかなり鮮明になっていくことがわかる。



様々な画像処理のアルゴリズムを使って解析画像が得られた。注:基本的な画像処理を施し、イメージアジャスト関数など多くのアルゴリズムを使った。レベル,明るさ,コントラスト,ガンマ等を補正し不要な部分削除、輪郭をはっきりさせるなどの処理を様々に施した。

 

これから見えてきたのが、画像解析A



 

どうやら人工的なこの物体に浮力を与えているものが見て取れる。

 

頭らしい部分には丸い形のタイヤか浮輪のようなものが、そして胴体と思しきあたりの何箇所かに角材状の発砲スチロールか、木材のようなものが使われているように見える。




他の画像からも同様の解析を施していく

頭らしき部分が波を切って進む様子が映っているのだが、波のでき方が明らかにおかしいことが分かる。

 

頭らしき部分の下にもっと大きな円形のものがあることがこれで分かる。画像解析B参照。



また、ひも状のものが頭らしき部分から手前に伸びているのが分かる。(画像解析C)誘導用のひもだと思われる。頭の部分だけでは少々くねくね運動に欠けるので、胴体らしき部分にもひもが見て取れる。

 

以上の解析から見えてきたものは、これは人工的なものであろうということである。

かなり凝ったものを作ってみたが、なかなかくねくね運動がうまくいっていないというような画像である。

 

今後の報告が待たれるところである。

 

2012219

画像解析:宇宙現象観測所センター(SPOC

Space Phenomena Observatory Center(SPOC)

http://spacephenomena.blog.fc2.com/  All right reserved.

著作者 Space Phenomena Observatory Center(SPOC)

商用利用には事前の文書による承認が必要

画像解析及びSID-1の問合せは

 "Space Phenomena Observatory Center(SPOC)"

http://spacephenomena.blog.fc2.com/  から。

All right reserved.

Copyright Space Phenomena Observatory Center(SPOC)

Do not copy nor distribute without written permission

 

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨
| Space Phenomena Observatory Center(SPOC) 宇宙現象観測所センター |