HTML
さまざまな宇宙、空中現象の最新自動観測撮影装置ロボットSID-1(シドワン=Space Intrusion Detection systems-1)が捕らえた謎の現象や物体とUFO *撮影画像は、左下部のカテゴリーからSID-1~を選択(随時更新) *メディア、報道関係者の方へ:不思議な動画、静止画、解析画像多数有ります。情報、著作権等の権利は当観測所です。連絡先はプロフィール参照。

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

宇宙空間に謎の現象、地球外生命体探査プロジェクトで解明へ

2015-10-16 Fri 19:13

宇宙空間に謎の現象、地球外生命体探査プロジェクトで解明へ
2015.10.16 Fri posted at 19:13 JST

(CNN) 地球から約1465光年離れた宇宙空間に、専門家にも説明がつかない異常現象が観測され、米国の研究チームが地球外知的生命体探査プロジェクト「SETI」の望遠鏡を使って観測に乗り出すことになった。

この現象は天体観測のクラウドソーシングサイト「プラネット・ハンター」で数年前から報告が相次いだ。米航空宇宙局(NASA)の宇宙望遠鏡「ケプラー」の公開データを解析していたユーザーが、はくちょう座とこと座の間に特異な光のパターンを発見。ケプラーでは惑星が恒星の前を通過する時に光が暗くなる現象をとらえ、地球型惑星を探している。

同サイトから報告を受けたイエール大学のタベサ・ボヤジアン研究員は、「この現象の特異さは、明るさが20%も落ちるという暗くなり方の程度、それに1週間から数カ月という(明るさの変化の)周期にある」と解説する。

この現象を説明する説として、彗星の大群説、地球ではまだ発見されていない何らかの銀河間現象説、あるいは文明を持つ地球外生命体による惑星規模の構造物建造説なども浮上している。

ボヤジアン氏のデータを見たペンシルベニア州立大学のジェイソン・ライト教授も、この現象の理由は説明できないと指摘した。ただし自身のウェブサイトで15日、「宇宙人説は最後まで取っておいた方がいい」と釘を刺し、「本当であれば大変なことだが、何かを発見したと主張する前に、絶対的な確信を持つことが重要だ。さもなければ誰にも信用されなくなる」と念押しした。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35072056.html

スポンサーサイト

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨

The discovery of a strange star could mean alien life

2015-10-16 Fri 00:00

The discovery of a strange star could mean alien life
Astronomers have discovered a distant star with an unusual flickering pattern and it could be a sign of alien civilization.
10/16/2015

http://www.msn.com/en-us/news/other/the-discovery-of-a-strange-star-could-mean-alien-life/vp-AAfv4Uw

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨

Have Astronomers Spotted An Alien Superstructure?

2015-10-15 Thu 00:00

Have Astronomers Spotted An Alien Superstructure?
10/15/2015
Researchers are mostly flummoxed by the bizarre light pattern emanating from a star known as KIC 8462852. Most explanations have been discounted. Now, some scientists are looking to seriously explore whether it's an alien structure.

http://www.msn.com/en-us/news/watch/have-astronomers-spotted-an-alien-superstructure/vp-AAfv9GE

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨

「火星に水が流れている」NASA発表から考える、地球外生命体の可能性を研究者に聞いた!

2015-10-01 Thu 08:00

「火星に水が流れている」NASA発表から考える、地球外生命体の可能性を研究者に聞いた!
tocana10月1日(木)8時0分

9月28日(米国時間)、NASAは火星の地表に「塩を含む水」が現在進行形で流れている可能性がある証拠を発表した。過去、火星に水が流れていた痕跡は指摘されてきたが、現在も水が流れていることが示されたのは初めてである。ちなみに、火星の気温は平均マイナス50度で、夏でもマイナス20度らしいが、液体の水が発見された理由は、高濃度の塩分のおかげで液体が凍る温度が下がったからだという。

 現在も水が流れていることが発表されたことで「地球外生命体が存在する可能性が高まった」とする見方が多いようだが、宇宙を研究している人物X氏はこう語る。

「火星に水がある可能性は以前から指摘されていましたので、この発表に驚かなかった研究者は正直多いはずです」

「水が存在したことで、地球外生命体がいる可能性が高まったのは言うまでもありませんが、そもそも地球外生命体がいない方がおかしいと思っている研究者の方が多い。

http://news.biglobe.ne.jp/trend/1001/toc_151001_1244527674.html

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨

NASA Develops Underwater Probe In Hopes Of Someday Exploring Alien Oceans

2015-10-01 Thu 00:00

NASA Develops Underwater Probe In Hopes Of Someday Exploring Alien Oceans
2015 Oct1

NASA has developed an underwater probe it hopes to someday use for exploring alien oceans, like the massive ice-covered one on Jupiter’s moon Europa.

http://www.msn.com/en-us/news/watch/nasa-develops-underwater-probe-in-hopes-of-someday-exploring-alien-oceans/vp-AAeYgIS

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨
| Space Phenomena Observatory Center(SPOC) 宇宙現象観測所センター |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。