HTML
さまざまな宇宙、空中現象の最新自動観測撮影装置ロボットSID-1(シドワン=Space Intrusion Detection systems-1)が捕らえた謎の現象や物体とUFO *撮影画像は、左下部のカテゴリーからSID-1~を選択(随時更新) *メディア、報道関係者の方へ:不思議な動画、静止画、解析画像多数有ります。情報、著作権等の権利は当観測所です。連絡先はプロフィール参照。

SETI@homeとは

2004-09-01 Wed 00:00

SETI@homeとは、インターネットを通じた分散コンピューティング(グリッドコンピューティング)によって、宇宙から到来した電波を解析し、地球外知的生命体の存在を探索するロジェクトのことである。1999年にカリフォルニア大学バークリー校を中心として開始された。

SETI(Search for ExtraTerrestrial Intelligence)とは、電波望遠鏡で観測された電波などを解析し、自然に発生したとは考えにくい人工的パターンを見出すことで、それを発信した生命、文明の存在を求めるプロジェクトの総称である。SETIは膨大な分量のデータ解析を必要とするため、大規模なコンピュータリソースが不可欠である。SETI@homeは、このコンピュータリソースを、一般ユーザーのPCによるグリッドコンピューティングで実現しようとする。

SETI@homeでは、有志の一般ユーザーが専用のソフトウェアをクライアントマシンにインストールすることで参加できる。SETI@homeのソフトウェアは、クライアントマシンがアイドル状態である時に、インターネットを通じて、プエルトリコのアレシボ天文台が受信した電波の解析に参加する。

SETI@homeは、2004年から2005年にかけて、カリフォルニア大学バークリー校で開発されたグリッドコンピューティング用プラットフォームであるBOINCへの移行を行っている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/SETI@home

http://www.oruoru.jp/seti_japan.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E5%A4%96%E7%9F%A5%E7%9A%84%E7%94%9F%E5%91%BD%E4%BD%93%E6%8E%A2%E6%9F%BB

2005年12月19日 11時19分 更新
地球外生命体を探索するSETI@homeが正式に終了
1999年に開始したSETI@home Classicが12月15日に終了した。これまでの累積CPU時間は200万年、解析したデータは50Tバイトという。(IDG)
SETI@home Classicは別の形で生き続けることになる。オリジナルプロジェクトと同じ理念に基づくオープンソースグリッドプロジェクト「Berkeley Open Infrastructure for Network Computing」(BOINC)に移管される。BOINCは、引き続き地球外生命体の無線信号の探索を行う
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0512/19/news012.html

スポンサーサイト

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨

SETI@Home Signal Story Sees Much More Than Meets the Eye

2004-09-01 Wed 00:00

SETI@Home Signal Story Sees Much More Than Meets the Eye
Support SETI Research

by Seth Shostak, Senior Astronomer
September, 2004

An article in New Scientist magazine, entitled “ Mysterious signals from 1000 light years away,” published in 2004, implied that the UC Berkeley SETI@home project had uncovered a very convincing candidate signal that might be the first strong evidence for extraterrestrial intelligence.

Alas, this story was misleading.

According to Dan Werthimer, who heads up the UC Berkeley SERENDIP SETI project, this is a case of a reporter failing to understand the workings of their search. He says that misquotes and statements taken out of context give the impression that his team is exceptionally impressed with one of the many candidate signals, SHGb02+14a, uncovered using the popular SETI@home software. They are not.

http://www.seti.org/setiathome?gclid=CIvEssC-y8cCFdcSvQodZqgO_g

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨
| Space Phenomena Observatory Center(SPOC) 宇宙現象観測所センター |