HTML
さまざまな宇宙、空中現象の最新自動観測撮影装置ロボットSID-1(シドワン=Space Intrusion Detection systems-1)が捕らえた謎の現象や物体とUFO *撮影画像は、左下部のカテゴリーからSID-1~を選択(随時更新) *メディア、報道関係者の方へ:不思議な動画、静止画、解析画像多数有ります。情報、著作権等の権利は当観測所です。連絡先はプロフィール参照。

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

日航ジャンボ機UFO遭遇事件 日本航空の貨物機が、アメリカのアラスカ州上空で未確認飛行物体(UFO)に遭遇し追跡された事件。

1986-11-17 Mon 00:00

日航ジャンボ機UFO遭遇事件

日本航空のボーイング747-246F型機

日航ジャンボ機UFO遭遇事件(にっこうジャンボきユーフォーそうぐうじけん)は、1986年11月17日に日本航空の貨物機が、アメリカのアラスカ州上空で未確認飛行物体(UFO)に遭遇し追跡された事件。

事件概要
事件当日のJAL1628便

使用機材:ボーイング747-246Fコールサイン:Japan Air1628 フライトプラン:パリ発アンカレジ経由東京行 コックピットクルー(年齢は全て事件当時)機長:寺内 謙寿(47歳)副操縦士:為藤隆憲(39歳)航空機関士:佃 善雄(33歳)

母船型UFOとの遭遇

1986年11月17日、パリ発アンカレジ経由東京行JL1628便、日本航空のボーイング747-246F貨物機が、アメリカアラスカ州のフェアバンクス上空の高度約10,000メートルを飛行中に、両端にライトを点灯させた巨大な母船型UFOに遭遇した(ただし、「母船型」と言っているのは寺内機長だけで、副操縦士は「光は見たが、機長の言うような形には見えなかった」と証言している)。

同機の寺内機長によると、UFOは自機の大きさの3~4倍にも匹敵する巨大な球形で、1時間弱の間、旋回して逃れようとした同機と併走するように移動し、機内の気象レーダーにもはっきりと写ったが、なぜか雲のような透明状のものとしてレーダー上では写っていたとのことである(金属製の物体なら赤く映るがUFOの像はグリーンであった)。

このUFOについては、アメリカ連邦航空局(FAA)の地上レーダーとアメリカ軍のレーダー局からも捕捉され、刻々と占位を変えるUFOの相対方向を機長が報告する中で、米軍レーダー局からはそれに整合するレーダー反応が逐次報告された[1]。ただし、後述のキャラハン氏以外の証言では、レーダーには何も映っていなかったということである。この地上レーダー管制との会話において、管制局から「調査のため空軍機の飛行を依頼するか」との提案があったが、寺内機長は当該提案を断った。この提案を断ったことについては、後に機長自身による「非常に高度に発達した飛行機に対して、あるいは宇宙船に対して行動を取った場合に、彼らはものすごい技術を持っていますんでね。"なんか変なことでもされたんでは申し訳ない"という気持ちがありますもんで、即座に断りました」という発言があった。

その後、JL1628便がアラスカ行きのユナイテッド航空機と行き違ったところ、UFOは反転して今度はユナイテッド機の追尾を始め、同機がアラスカに着陸すると何処かに消失した。

なお、このUFO目撃事件については、「航空機の安全運航に影響がある」とされたことから、アンカレッジ着陸後、FAAによって機長の事情聴取が行われ、寺内機長については酩酊などの可能性がないことが報告されている。

報道

後に機長が事件の詳細を共同通信社に勤務する友人に話したことから、この事件を共同通信社が世界各国に向け配信、事件が公になり、当時日本をはじめとする各国のテレビニュースや全国紙、週刊誌などで大きく報道された。しかしながら、なぜかその直後に「UFOではなく惑星を見間違えたもの」とするマスコミによる解釈が報道された。

また第一報の時点でも、副操縦士は、「光は見たが飛行物体の形は確認できなかった」と証言しており、航空機関士は「何も見ていないと証言」している。またさらに機長は、「機内が照らされて熱も感じた」と述べているが、副操縦士も機関士も、「そんなことはなかった」と否定している。なお機長はこの事件の前後にもUFO目撃談を語っており、この事件の後でも再びアラスカ上空で「UFO」を目撃しているが、これに関して機長は、光柱現象の誤認であると認めている[2]。機長はその後地上勤務に移動になった。

隠蔽工作

この事件は、20世紀末までは「機長の錯覚」として人々の記憶から忘れら去られていた。しかし、2001年に、かつてのNASA関係者や退役軍人、政府関係者、航空メーカーの技術者などが『ディスクロジャープロジェクト』というUFOや宇宙人に関する情報公開を目的とした記者発表会をワシントンDCで開催し、本件についてはFAA職員であり事件当時を含む1981年~1988年にかけて事故調査部長だったジョン・キャラハンより、日航機長の報告を裏付ける証言がなされた。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E8%88%AA%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9C%E6%A9%9FUFO%E9%81%AD%E9%81%87%E4%BA%8B%E4%BB%B6

キャラハンによると、日航機がアラスカ上空で遭遇したUFOは実際にレーダー上で確認され、機長の要請に呼応する形でFAAがレーダー追跡し管制対応と記録を行っていた。その後事件がマスコミに漏れて騒ぎになったことから、FAAのアンカレジ支部は業務に支障を来たし、事件翌々月の1987年1月、対処をキャラハンが率いる事故調査部に一任した。

キャラハンは全ての資料と記録をFAAの技術センターに移送させ、模擬管制室を用意して録音やデータを元に管制経過のリアルタイム再現を行った。これに立ち会って内容を知ったキャラハンは報告のためFAA本部に戻り、当時FAA局長だった退役海軍中将DonaldD.Engenに再現時のレーダースクリーン状況を録画したビデオを見せた。するとEngenはその夜の予定を全てキャンセルし、「大統領に面会する」として出て行った。この二日後、FBI、CIA、および当時のアメリカ大統領ロナルド・レーガン直属の科学調査班が召集され、キャラハン他FAA関係者22名を含めた報告会議が開かれた。

この会議の終わりにおいて、参加者全員に対してCIAから緘口令が宣告され、公式には本事件は存在せず、この会議も開催されなかったこととされた。このとき、FAAが会議に提出した資料やレーダー記録等はCIAらにより全て持ち去られたが、FAA側は他にも報告書や録音テープ、再現状況録画ビデオの原本等を保有しており、これらは気付かれず特に提出を命じられなかった。このためキャラハンらはこれらを保管し続け、後に一部を公表した。

また、レーガン大統領はこのUFO遭遇事件の報道に関して、アメリカ国内のマスコミに圧力をかけたといわれている。HAARPによる何らかの秘密実験との関連を指摘する説もある。

補足

民間機のパイロットや航空自衛隊または他国の空軍ではパイロットが飛行中このような未確認飛行物体を目撃した際、正式に記録や報告をしないといわれている。その理由は様々だが多くは精神疾患扱いされることへの懸念やUFO対策へ未対応が原因とされている。機長は当時、マスコミへの反論のため証言インタビューをおこなったが、結果的には当時の報道機関などに公にされることはなかった。現在この機長の証言テープは福島県の福島市飯野UFOふれあい館に保管されている。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E8%88%AA%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9C%E6%A9%9FUFO%E9%81%AD%E9%81%87%E4%BA%8B%E4%BB%B6

スポンサーサイト

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨
| Space Phenomena Observatory Center(SPOC) 宇宙現象観測所センター |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。