HTML
さまざまな宇宙、空中現象の最新自動観測撮影装置ロボットSID-1(シドワン=Space Intrusion Detection systems-1)が捕らえた謎の現象や物体とUFO *撮影画像は、左下部のカテゴリーからSID-1~を選択(随時更新) *メディア、報道関係者の方へ:不思議な動画、静止画、解析画像多数有ります。情報、著作権等の権利は当観測所です。連絡先はプロフィール参照。

ヒル夫妻誘拐事件

1961-09-19 Tue 00:00

ヒル夫妻誘拐事件

ヒル夫妻誘拐事件(ヒルふさいゆうかいじけん)は、アメリカで最初のUFO誘拐報道として超常現象愛好家の間で広く知られる事件である。ベティ・アンド・バーニー・ヒル誘拐事件、ゼータ・レティクル事件とも言われる。ゼータ・レティクル事件の名称はあまり普及していない。ベティ・ヒルとバーニー・ヒルの夫妻は、1961年9月19日から9月20日まで地球外生命体に誘拐されていたと主張した。本項では、UFO=エイリアン・クラフト説に関連する超常現象としての意見を中心に紹介する。

家族
UFOとの遭遇
事件直後の経過
ベティの夢
医学的療法とさらなるインタビュー
サイモン医師による催眠療法
催眠療法後の報道
星図の「解読」編集

1968年、オハイオ州オーク・ハーバーの小学校教師でアマチュア天文学者だったマージョリー・フィッシュ( Marjorie
Fish)は、フラーの著書「宇宙誘拐ヒル夫妻の中断された旅」を読み、そこに掲載されていた「星図」に興味を引かれた。フィッシュは、この星図を「解読」すればUFOがどの星系から来たかを確定できるのではないかと考えた。

星図の12の星の1つは太陽を示すに違いないと仮定したフィッシュは、星図と既知の星とを一致させることができるかもしれないと考え、星図を研究しはじめた。そしてこの研究の結果、ヒル夫妻を誘拐したUFOは、レティクル座ゼータ連星系をめぐる惑星の一つからきたのではないかとの仮説を立てた。このフィッシュの仮説により、この事件は「ゼータ・レティクル事件」と呼ばれることもあるが、大部分のUFO研究家は「ヒル夫妻誘拐事件」(ないしそれに類する表現)と呼ぶ。

フィッシュはその分析結果をウェッブに送った。彼女の結論に同意したウェッブは星図を『アストロノミー (Astronomy)
』誌の編集者テレンス・ディキンソンに送った。ディキンソンはフィッシュとウェッブの導き出した結論を支持することはなかったが、興味をそそられ、同誌の歴史の中ではじめてUFOに関する記事として採用し、意見や議論を募集した。その後約1年にわたり、『アストロノミー』誌の投稿欄には、フィッシュの星図に関する賛否入り乱れた議論が掲載された。中でも、「星図」と見えるものは偶発的な点をランダムに配列したものにすぎないとするカール・セーガンとスティーヴン・ソーターによる議論がよく知られている。後にUFO
研究家のKathleen Mardenは、セーガンがこの事件に関して嘘をついていたと告発した。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%AB%E5%A4%AB%E5%A6%BB%E8%AA%98%E6%8B%90%E4%BA%8B%E4%BB%B6

最も有名な宇宙人によるアブダクション(拉致誘拐)事件
1961年9月19日/アメリカ/ニューハンプシャー州ランカスター
1966年、オハイオ州の女性理科教師マージョリー・フィッシュが、太陽系付近の恒星系の立体モデルを作り、ベティが見せられた天体図によく似たパターンを発見した。それによると中心の大型恒星はレティクル座ゼータ1、すぐそばに線で結ばれた星はゼータ2と推測されるという。

バーニーは1966年に脳溢血で早逝したが、ベティはUFOの研究に取り組み、2004年にガンでなくなった。
http://giga.world.coocan.jp/ufo/history/hill.html

スポンサーサイト

別窓 | UFO、科学関連ニュース | ∧top | under∨
| Space Phenomena Observatory Center(SPOC) 宇宙現象観測所センター |